アルテモンド 豆知識 / 保温性
染色加工などについて
反応染料
スレン染料
分散染料
顔料
直接染料
ナフトール染料
アゾ染料・アゾイック染料
(特定芳香族アミン)
スクリーンプリント
ロータリープリント
連続染色機
液流染色機
ジッカー染色機
ウインス染色機
糊抜き
シルケット加工
ワッシャー加工
排水処理
品質試験について
目付け
引張強さ
引裂強さ
破裂強さ
滑脱抵抗力
寸法変化率
耐光
洗濯
摩擦
色泣き
塩素処理水
ドライクリーニング
ウォータースポット
ホルムアルデヒド
ホルマリン
ノーホルマリン加工
特定芳香族アミン
pH測定
はっ水性 
吸水性
速乾性
帯電性
ピリング
スナッグ
遮光性
抗菌防臭加工
静菌活性値
接触冷感
保温性
洗濯後のしわ
取扱上の注意
洗濯絵表示
洗濯用合成洗剤
蛍光増白剤
色の基礎知識
演色性
製品の知識
座ぶとんのサイズ
スローケット
便利なホームページ
一般財団法人
ボーケン品質評価機構
 
 (略称 / ボーケン)
繊維の名称を示す用語
洗濯の絵表示(PDF)

保温性とは、


温度を保つ性質を「保温性」といいます。

空気は「熱を伝えにくい」物質のため、
一般的に、空気を多く含む生地は保温性が高くなる傾向があります。


【試験方法】
JIS L 1096(織物)・1018(編物) 恒温法

試験片(40×40cm)を恒温熱板の上にかぶせ、熱板の表面温度を一定値(36±0.5℃)に
保持させた時の消費電力から保温率を計算します。

 保温率(%)= ( 1 - 試験片をかぶせた時の消費電力   )× 100

裸状における消費電力


試験片をかぶせた時の消費電力
が小さいほど、
保温率が大きくなり、
保温性が高い と言えます。

 (綿の肌着では 
20〜30%以上が、保温性の目安となります。)
       

保温性試験機  (写真提供:ボーケン) 


保温性のある当社の商品 】                  

  商 品 保温性 (%)  混 率 種 類
保温性が
高い
 
<62000> ダブルガーゼ
33.9  綿 100%  二重ガーゼ
<52300> シンカーパイル
28.5  綿 80%

 ポリエステル20%
パイル
<54000> ソフィア
25.0  ポリエステル 100%  起毛
<41000-DG501> ガーデン
24.9  綿 100%  二重ガーゼ
<54400> ドルチェ
22.6  ポリエステル 100%  起毛

<比較参考>

  <51500> アイリッシュクロス
16.9  綿 100%  オックス