アルテモンド 豆知識 / オーガニックコットン
染色加工などについて
反応染料
スレン染料
分散染料
顔料
直接染料
ナフトール染料
アゾ染料・アゾイック染料
(特定芳香族アミン)
スクリーンプリント
ロータリープリント
連続染色機
液流染色機
ジッカー染色機
ウインス染色機
糊抜き
シルケット加工
ワッシャー加工
排水処理
品質試験について
目付け
引張強さ
引裂強さ
破裂強さ
滑脱抵抗力
寸法変化率
耐光
洗濯
摩擦
色泣き
塩素処理水
ドライクリーニング
ウォータースポット
ホルムアルデヒド
ホルマリン
ノーホルマリン加工
特定芳香族アミン
pH測定
はっ水性 
吸水性
速乾性
帯電性
ピリング
スナッグ
遮光性
抗菌防臭加工
静菌活性値
接触冷感
保温性
洗濯後のしわ
取扱上の注意
洗濯絵表示
洗濯用合成洗剤
蛍光増白剤
色の基礎知識
演色性
製品の知識
座ぶとんのサイズ
スローケット
便利なホームページ
一般財団法人
ボーケン品質評価機構
 
 (略称 / ボーケン)
繊維の名称を示す用語
洗濯の絵表示(PDF)

オーガニックコットンとは

(ORGANIC COTTON)


「農薬」や「化学肥料」を3年間使用していない畑で、
「農薬」や「化学肥料」を使わないで栽培された綿花(コットン)。

なぜ3年間かというと、一般的に、
「土中から農薬の影響が消えるのに約3年かかるから」らしいです。


オーガニック【organic】 : 農薬や化学肥料を使用していないということ。有機栽培。

 コットンの無農薬栽培は、

 ・ 水質を保全し、土壌を活性化します。
    
環境や生物に悪影響を与える化学物質を使わないため、健康なエコサイクルが復活します。

 ・ 二酸化炭素の削減効果も期待されています。

    活性化した土壌では、二酸化炭素は有機物として固定され、微生物によって保護されます。
     そして、微生物によって分解されにくくなった二酸化炭素は、ゆっくり時間をかけて大気へ放出されます。


綿花(コットン)の栽培には、害虫を防ぐためなどの目的で大量の農薬が使われています。
地球環境のために少しでも、悪影響を減らそうという考えから、オーガニックコットンが栽培されています。

オーガニックコットンは、コットンに寄生する害虫の天敵昆虫をまいて害虫を駆除しているようです。



普通に栽培されている綿花(コットン)でも、
残留農薬は、科学的な検査でも検出できないくらい、非常に少ないそうですので、
人体に対しての影響については、オーガニックコットンとの差はあまりないようです。

ただし、綿花から繊維製品になるまでの製造工程で、化学薬品を使用することによって、大きく差がでることがあります。