染色加工などについて
反応染料
スレン染料
分散染料
顔料
直接染料
ナフトール染料
アゾ染料・アゾイック染料
(特定芳香族アミン)
スクリーンプリント
ロータリープリント
連続染色機
液流染色機
ジッカー染色機
ウインス染色機
糊抜き
シルケット加工
ワッシャー加工
排水処理
品質試験について
目付け
引張強さ
引裂強さ
破裂強さ
滑脱抵抗力
寸法変化率
耐光
洗濯
摩擦
色泣き
塩素処理水
ドライクリーニング
ウォータースポット
ホルムアルデヒド
ホルマリン
ノーホルマリン加工
特定芳香族アミン
pH測定
はっ水性 
吸水性
速乾性
帯電性
ピリング
スナッグ
遮光性
抗菌防臭加工
静菌活性値
接触冷感
保温性
洗濯後のしわ
取扱上の注意
洗濯絵表示
洗濯用合成洗剤
蛍光増白剤
色の基礎知識
演色性
製品の知識
座ぶとんのサイズ
スローケット
便利なホームページ
一般財団法人
ボーケン品質評価機構
 
 (略称 / ボーケン)
繊維の名称を示す用語
洗濯の絵表示(PDF)

せいきんかっせいち
静菌活性値とは、



抗菌防臭効果を判断するための数値です。
一定量の菌の増殖を阻害・阻止する性能を表わします。

【目安値】
JISでは、静菌活性値が、2.0以上あれば「抗菌防臭効果」があるとされています。

【試験方法】

JIS L 1902 定量試験(菌液吸収法)
「未加工」の布と「抗菌加工済」の布の18時間培養後の生菌数を求め対数値差で表わします。

測定には、「黄色ブドウ球菌」を用います。


 黄色ブドウ球菌 【おうしょくブドウきゅうきん】
 
食中毒を引き起こす代表的な細菌の一つ。
  自然界に広く分布しており、
  「動物の皮膚」、健康な人の「鼻の中」、「のどの中」、「皮膚」、「髪の毛」、「ほこりの中」などにも存在する。
  特に、化膿した傷口や、ニキビなどに多く存在する。
  この菌が食べ物の中で増殖する時に「エンテロトキシン」という毒素をつくり、
  この毒素を含む食品を、食べることにより食中毒が起こる。




   18時間培養中 (写真提供:ボーケン)  残った菌の数を調べる (写真提供:ボーケン)


商 品 混 率 静菌活性値
目安 2.0以上
洗濯0回 洗濯10回
麻100 麻100%
(リネン/ラミー)
5.6 5.1
Jリネン 麻100%
(リネン)
2.3 4.9以上